トライリンガルプログラム(TLP)ドイツ語

トライリンガルプログラム・ドイツ語(TLPドイツ語)とは?

トライリンガルプログラム・ドイツ語(TLPドイツ語)は、少人数クラスで集中的な教育をおこない、日本語・英語に加え、ドイツ語を高度なレベルで修得することを目指すものです。

履修の条件

TLPドイツ語は、入学直後の4月の時点では、前期日程・推薦入試・特別選考のすべての合格者の中で、英語のレベルが上位1割程度の合格者のみ履修が可能です。希望者数が定員を超える場合、選考が行われる可能性があります。

各セメスター終了時にはプログラム参加者の再調整があります。英語およびドイツ語の成績が不十分と判断されると、次のセメスターからTLPコースを履修できなくなります。反対に、途中から参加を各セメスター終了時にはプログラム参加者の再調整があります。英語およびドイツ語の成績が不十分と判断されると、次のセメスターからTLPコースを履修できなくなります。反対に、途中から参加を希望する学生は、TLPコースを履修するレベルにあると判断され、定員に余裕がある場合には履修が許可されます。4月の段階では参加できなくても、Aセメスター以降にプログラムに参加できる可能性があるということです。(なお、1年次Aセメスターや2年次SセメスターからTLP編入を希望する理科生は、必修授業に加えて、初級演習、初級会話、インテンシヴ・コースなどを履修し、口頭でのドイツ語運用を訓練しておくことを強く推奨します)。

クラスの編成

TLPドイツ語は2クラスで編成されます。各クラス上限は20名です。

TLPの実施期間は、2年次Sセメスターまでの1年半です。1年次は、必修のドイツ語(基礎科目:週1~2コマ)に加えて、TLP用演習(週1コマ)とTLP用インテンシヴ(週2コマ)を履修します。2年次Sセメスターには、引き続きTLP生用の週3コマを受講します(下図を参照)。

テクストと授業内容

TLPドイツ語では、ドイツの出版社から刊行されている総合教材を使用します。週3時間のTLP用の授業では、とりわけ会話・ヒアリング力の向上と語彙の拡充に重点が置かれます。

  • 1列・2列:1年次Aセメスター終了までは、指定クラスで、共通教科書Einblickeを使って学習します。初級文法を中心とした学習になります。
  • TLP用演習:主に日本人教員が担当し、日本語を多用したフォローアップを行います。
  • TLP用インテンシヴ:主にネイティヴ教員が担当し、ドイツ語の教材を使用して学習します。生きたドイツ語に慣れ親しみながら、ドイツ語能力を多面的に訓練します。

到達目標

入学後から学び始めるドイツ語ですが、コミュニケーションの面でも、学術言語の面でも、実用性のある能力に近づくよう、工夫がなされています。修了時の到達目標としては、ヨーロッパで外国語習得大学入学後から学び始めるドイツ語ですが、TLPドイツ語の履修者がコミュニケーションの面でも学術言語の面でも実用性のあるドイツ語運用能力を得られるよう、工夫した授業がなされています。修了時の到達目標としては、ヨーロッパで外国語習得状況を示すために用いられる「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)」のB1レベル(優秀な学生はそれ以上のレベル)を想定しています。

国際研修

このプログラムでは、東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター(DESK)、ドイツ学術交流会(DAAD)、ドイツの諸大学(ケルン大学など)の協力を得て、年2回(夏季・冬季)の国際研修を実施しています。ドイツで行われる研修では、2週間の語学講習に参加し、ドイツの大学教員の講義や現地の大学生との交流、史跡や文化施設の見学、町の散策など、様々な経験を積みます。生きたドイツ語が使われる場に身を置き、ドイツ語を生んだ文化・歴史・社会・景観を体感することで、ドイツ語への理解が深まり、ドイツ語能力は飛躍的に伸びます。

参照